「Bali Trip 2024」Day10.

ロートル夫婦の旅は、泣いても笑っても今日で終わり。
暑さとハードな波を乗り切る為には、エネルギー補給が大切。
いつもの事ながら妻の食べっぷりは、気持ちが良いです。
ガイドニョーマンと聖地へ向かうも、サイズが物足りないのと
これからオンショアが強まりそうなので、クタへ戻りエアーポートリーフでサーフする事に。
左は「ニョーマン」のお兄さん「マディスイトラ」
かつてバリを代表するコンペティターとして活躍したのち、オーストラリアへ移住。
今回は丁度里帰り中で、再会出来ました。
以前はWESTのライダーだった事も有り、良く日本にも来ていました!


途中の「クタリーフ」を通り過ぎる時、波待ちをする数名の中に
見覚えの有る顔が「もしやジャングル生活中に、海で知り合った3人組では」
と思い手を振ったところ、
向かうも満面の笑みで、手を振り返してくれたので間違いない様です。
聞くところによると、23日間の日程で最初の2週間は男3人で、
バリ島を移動しながらガッツリサーフィンして、残りはそれぞれの家族が合流して
観光を楽しむとの事。
日本にもようやくそういう方々が、増えて来た様です。
20代の頃海外に来て、同じ宿の外人に「How Long Stay?」等と聞かれて
「1 Week」なんて答えると、鼻で笑われながら「Oh〜1 Week」等と
良く言われたものです。
当時から皆さんバケーションは、短くても一ヶ月位は有った様で
日本人が「エコノミックアニマル」と揶揄されていた時代です。
その経済力も下がり「何の為に働くのか」「生きるのか」が、今こそ問われる時なのでは!?
話が大分それましたが、因みに昨日から3週間の予定で
「石塚悠君ファミリー」も到着した様です。今回はタイミングが合わず会えませんが・・・。
また、話がそれました。

今日のエアポートリーフの波です。


妻は帰り際にサイズの小さ目な「クタリーフ」でポチャン。
岸に戻ると、なんと「ナッキィー」がお出迎え、最近見ないと思ったらバリに居たんだね!
元気そうで何よりです。
最後の晩餐も「ヌカ」レストランで、私は「ビーフステーキ」

レストランにPCを持ち込みブログを更新していますが、
雨が凄過ぎてホテルに帰れません・・・。

これにて「Bali Trip 2024」完結です。ご愛読有り難うございました🙇‍🙇‍
また、千倉でお会いしましょう!

ページトップへ戻る