帰国後初サーフ。

たかだか一週間の旅なのに、大袈裟なタイトルでスミマセン。
本来は、ノースやオーストラリア等で1〜2ヶ月を過ごした方々が使うフレーズですね・・・。
写真は、昨日の「春三番」のウネリがオフショアに変わった「ソロバン」
ウエットの性能がいくら良くても、常夏の海でトランクス一丁の「楽さ」を
体がちゃんと覚えている様で、一本目は足がもつれて見事な「パーリング」
旅立つ前よりも更に「ポンコツ」になっていました・・・。
その後は、ウエットを着ている事を意識しながらテイクオフを試みたら、どうにかこうにか。
身体能力の衰えた老体には、相当な「負荷」がかかっている事が実証されました。
これにブーツも履いていたらと思うと、ゾッとします。
セミドライを脱ぐ迄あと一ヶ月、もう一踏ん張りです・・・。


| カテゴリー: サーフィン
ページトップへ戻る