明日から「師走・・・。」

ですが、何とか間に合いました・・・。
「Before」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「After」

被災当初妻の親戚の工務店さんに見積もりを依頼しましたが、一ヶ月が経とうとした頃先方から
「何百軒と頼まれていていつ行けるか分からないので、気を使わないで早い所が有ったらそちらで・・・」
その頃巷では「地元の業者は瓦屋も工務店も手一杯で、2〜3年は待つのはでは」と
囁かれていたのでさもあらん。
そこで入間市で手広く不動産業を営む「H川」さんに相談すると「私の千倉のマンションにも被害が有り、業者が下見に来るのでその時にでも」と、これぞ渡りに船。
そこから見積もりを保険会社に提出し審査を経て、ようやく先日工事が行われました。
こうして皆さんに助けられながら、我が家の「ブルーシート」は外せましたが、15号の被災から3ヶ月が経とうとしている今も、周りの風景は何一つ変わってはいません・・・。
かく言う我が家も10月の21号の豪雨で、別の場所から雨漏りが発生したので
今回の業者さんにまた見積もりをお願いする事に・・・。
こちらも台風関連ですが、先日延期になったコンテストの開会式で行われた
支援金贈呈セレモニーが、地元の新聞に掲載されましたのでご報告します。
皆さんの善意が有効に使われる様、見守りたいと思います・・・。

| カテゴリー: 今朝の一人言

「台風に翻弄された二ヶ月・・・。」

当エリアに限って言えば、9月の15号が「風」今月の19号が「波」
そして21号が「雨」台風だった様です。
「強風」と「高潮」にはある程度免疫が有りますが、
今回の「豪雨」は、人生初の経験でかなりビビりました。
もっとも台風19号の豪雨による、長野の信濃川を始めとする東日本各地での河川の氾濫に比べたら被害は比べモノにもなりませんが
その当事者にとってみれば、数字的な被害の大小だけでは片付けられないのではと思います。

この度の災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げると共に
皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

本来ならば「どこそこの波が良かった」とか「美味いラーメン屋見つけた」等と
明るい話題をお届けしたいのですが、どうしても避けては通れないので・・・。
そんな台風(自然)に翻弄された9〜10月でしたが、お陰様で店は無事でしたので
何とか開けられる時は営業をする様に努めていました。
ちょうどそのタイミングで「WEST」のキャンペーンも始まり
お見舞いがてらのオーダーも、数多く頂戴致しました!
ちなみにキャンペーンは10月31日迄となっています!

そしてオーダーボードも出来上がり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん有難うございました!

「K-SOS」も延期になり来月はコンテストが目白押し。
まずは3日が「ブルーワーファミリーカップ」
10日が「サーフィン検定」17日が「K-SOS」そして24日が「南房総チャリティーCUP」
「がんばろう!!南房総」

| カテゴリー: 今朝の一人言

「台風19号」接近中・・・。

数日前に発生した「19号」を警戒して、ブルーシートが飛ばない様に土嚢で補強をしている妻。
まだこの時はお互い若干の余裕が有りましたが
その後気象庁の早い段階での異例の緊急会見を始めとし、連日の報道から「19号」が尋常で無い程の規模の台風だと気づかされ、中でも一番分かりやすいのが
「先月の15号を超える被害が広い範囲で想定される・・・」「駄目じゃん」
という事で早速防災は無理でも、減災の為に出来る範囲であちこち手を尽くす事に。

風雨が強まらないうちに「ナッキィー」を起こして、いつものコースを散歩(我が家の老犬は、外以外で排泄をしないのでこういう非常時は困る)

そうこうするうちに、漁師達が集まり漁船を港の船置き場から道路を渡った空き地迄
避難させる作業を始め、お巡りさんも交通整理に出動。
私が幼少の頃に何度か見た光景ですが、かれこれ50年も前の事かと・・・。
海のエキスパートで有る漁師達が、危険を察知してこの行動に出たのは
それ程「19号」がヤバイという証。

なので、15号の時も特段被害の無かった妻の実家へ
非常持ち出しグッズを持参して避難する事に・・・。

テレビでは東日本のみならず、近畿地方の洪水の被害を繰り返し伝えていますが
海沿い以外の内陸に住む皆さんにも警戒が必要な様です。
どうか皆さんのご無事をお祈りします・・・。

 

 

 

| カテゴリー: 今朝の一人言

「がんばろう南房総!!」

皆さんの中にご自身や近親者が被災したり、自分が足繁く通うホームグランドの惨状に
心を痛め支援物資を届けたり、ボランテイア活動に汗を流したりした方が
少くなからずいらっしゃる事も重々承知しております。
ただ、世間(サーフィンをしていない方々)にアピールする為には、コンテストを開催して参加費をすべて支援金として寄付するというのも、ヒトツの手段ではという結論に達しました。
あくまでもチャリティーですので、運営スタッフ・ジャッジもボランティアで行います。
(ボランティアスタッフ募集中)
尚、入賞者の賞品・副賞等は無く、賞状のみとさせて頂きます。
趣旨をご賛同頂いた皆様のご参加・ご協力をお待ちしています!!!

当コンテストの告知をしてから、お陰様で問い合わせを含め反響が大きく
クラスによっては締切間近となっておりますので
エントリーをご希望される方は、まずは電話・メール等でご予約下さい。

| カテゴリー: 今朝の一人言

「被災からほぼ二週間・・・。」

が経過しましたが、未だに県内では6,000軒が停電中で、その内の1,300軒を南房総市が占め
人口比率からいってもかなりの方が、以前不自由な生活を強いられています。
私は「日常を取り戻せた時点で、過度な自粛や気遣いはやめて普通に暮らす事」が
復興に繋がると思っているので、サーフィンもするし飲みにも行きます。
先日ある友人からお見舞いの電話を頂き「タイミング悪く体調を崩してしまい、大変な時に何も力になれず申し訳無くて・・・」「何かしないと、サーフィンにも行きづらい」
「ボランテイアも調べたけど、南房総市は市内在住者限定だし」みたいな事を言われたので
「じゃあ海岸の流木が凄くて砂浜にも降りられ無いから、手の空いてる人で出来る範囲でやろう」と提案。
いつもは行政が重機を導入して片付けていますが、猫の手も借りたい時に
優先順位からいくと、こういうのは恐らく一番後回しかと思うので・・・。
何とか人力のみでここ迄綺麗に出来ました、本当に助かりました。
ご参加頂いた皆さん有難うございました!

これも立派な被災地支援。

最後に私見を少々、こういう非常時の対応においては、千差万別各々の考え方が有るので
別段何もしなかったからといって悔やむこと無く、いつもと変わらずに堂々と胸を張って遊びに来て下さい。
現に自分も「東日本大震災」の時には、周りの方が支援物資を積み込み東北へ向かう中
募金活動と下着を送る事くらいしか出来無かったので・・・。

お客さんの左官業のご主人のご好意により、ようやく我が家の屋根にもブルーシートが・・・。
今回は大勢の方に有形無形の援助を受けました。重ね重ね有難うございます!

ただ県内は瓦が不足していて年内は勿論の事、修復には1〜2年はかかるそうです・・・。

ブルーシート 気づかぬ程の 秋の空・・・。

| カテゴリー: 今朝の一人言
ページトップへ戻る