「被災からほぼ二週間・・・。」

が経過しましたが、未だに県内では6,000軒が停電中で、その内の1,300軒を南房総市が占め
人口比率からいってもかなりの方が、以前不自由な生活を強いられています。
私は「日常を取り戻せた時点で、過度な自粛や気遣いはやめて普通に暮らす事」が
復興に繋がると思っているので、サーフィンもするし飲みにも行きます。
先日ある友人からお見舞いの電話を頂き「タイミング悪く体調を崩してしまい、大変な時に何も力になれず申し訳無くて・・・」「何かしないと、サーフィンにも行きづらい」
「ボランテイアも調べたけど、南房総市は市内在住者限定だし」みたいな事を言われたので
「じゃあ海岸の流木が凄くて砂浜にも降りられ無いから、手の空いてる人で出来る範囲でやろう」と提案。
いつもは行政が重機を導入して片付けていますが、猫の手も借りたい時に
優先順位からいくと、こういうのは恐らく一番後回しかと思うので・・・。
何とか人力のみでここ迄綺麗に出来ました、本当に助かりました。
ご参加頂いた皆さん有難うございました!

これも立派な被災地支援。

最後に私見を少々、こういう非常時の対応においては、千差万別各々の考え方が有るので
別段何もしなかったからといって悔やむこと無く、いつもと変わらずに堂々と胸を張って遊びに来て下さい。
現に自分も「東日本大震災」の時には、周りの方が支援物資を積み込み東北へ向かう中
募金活動と下着を送る事くらいしか出来無かったので・・・。

お客さんの左官業のご主人のご好意により、ようやく我が家の屋根にもブルーシートが・・・。
今回は大勢の方に有形無形の援助を受けました。重ね重ね有難うございます!

ただ県内は瓦が不足していて年内は勿論の事、修復には1〜2年はかかるそうです・・・。

ブルーシート 気づかぬ程の 秋の空・・・。


| カテゴリー: 今朝の一人言
ページトップへ戻る