サマール島

「サマール島」のサーフトリップから、昨夜無事帰国(多少の打ち身や擦り&切り傷は有るが)

今回の旅は、ブルーワーのチームメイトでもある、現地ガイドChuさん事「高橋健」プロを訪ねて女子プロサーファーが企画し、それに私が「当店の20周年の記念海外トリップ」の下見も兼ねて便乗したカタチ。

しかし「女子会」に一人で乗り込む程、若くは無いので「ミック」事、仲尾氏に白羽の矢を立てたところ快諾。彼とは何度か海外経験があるし、人見知りしない性格は、初対面の女子達ともうまくやれるだろう。ていうか出発の二週間前に誘って、そうそう行ける自由人は居ないので彼しか思い浮かばなかった、というのがホントのところ。

そんなミックも流石に、2012年ロンググラチャンの植村未来プロ(ちなみにショートもプロ)や和田純子プロ(2012年大洗3位)そして(2012年マーボロイヤル4位)「かずね〜」事、内田一音プロ達を前にして珍しくやや緊張気味なので、私の「まずは名刺代わりのオフザリップでしょ」のアドバイスに「いや、まずは乾杯で」と返す・・・。

まあ取り急ぎ、皆さんの一番興味がある波の様子(解説無し)街並や食、酒等の詳細は、これから編集するDVDの方で御覧下さい!

(グーフィーフッター)ショート&ロング植村未来、ロング内田一音、920。

(ナチュラルフッター)ショート和田純子、ロングChuさん、ミック。

自分に取ってはなんと6年振りの、海外サーフトリップ。それまでは、ほぼ毎年恒例行事の様に南の島を中心に・・・。不況、犬の世話、理由を挙げればキリが無いけど一番はジャングル系のトリップに、体力の衰えと共に気力が失せた事かな・・・

まあ54歳の私を筆頭に、未来ちゃんが28歳(そうそうお父さんは49歳でミックと同い年だって!?)と年齢は勿論の事、性別、国籍まで違う初対面通しが、こんな素晴らしい旅が出来るのも「サーフィン」と言う「共通言語」のおかげ、またジャングル系に気持ちが再燃。よって「皆様と行く20周年記念海外サーフツアー」はほぼフィリピンに決定。まだ一年以上有るので、リーフでの怪我をしない巻かれ方を、一緒に勉強しましょう!その前に、オーバーヘッドの波に乗れないとですね・・・。


ページトップへ戻る