夏休み&木曜海合宿 in Shimoda

 

昨夜、二泊三日の夏休みを終え帰宅。
出かける前に「今朝の千倉の波」を、更新出来ない旨をお伝えしていましたが
それでも一日1,000人程の、アクセスを頂き恐縮です。
以前は、旅先から現地の様子をマメにUPしていた事も有るので
もしやと思いアクセスを頂いていたとしたら、尚更恐縮です。
まあ「波の写真だけ見て、文章は読んで無い」とも言えるけど・・・。
まずは、13日のライブにお越し頂いた皆様、有難うございました!dsc08382
中でも、都内からライブの為だけに駆けつけてくれて、酒も飲まずにトンボ返りの「O西さん」
また、花束のサプライズ演出で感動させてくれた「大徳家」の大将。
有難うございました!!!

 

して翌朝、ライブの興奮冷めやらぬまま、一路下田へ向け出発。
今迄に、20数回は訪れていますが、今回はその中でも「ベスト3」に入るのではと
思われる程のクオリティーでした。
私達家族に合わせてみんなよりも、一日早く下田入りした「Y田」さん。shapeimage_62
こちらのポイントは、いつもは左奥がロング、それ以外がショートエリアと分かれていますが、ここ最近は、この左奥の地形が良くて、ローカルは勿論プロサーファーも集結、ビジターロングは皆無。ならばと、ショートでパドルアウト。
待ったカイが有り「お裾分け」を2~3本頂いた私。

shapeimage_60shapeimage_61

 

 

 

 

15日(木)の早朝から、ポツポツと合宿参加者が集まり出しshapeimage_68-1
アフターサーフィンはお約束の「南京亭」
昼飯後は昼寝をしたり、速攻着替えて2ラウンド目に望んだりと、そこは大人なので自由気ままに。
ちなみに私は、潮が引き過ぎて
ダンパー多しなので
「No Surf」
早々とチェックインを済ませ、温泉からの独りビアタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc08363

総勢10名の宴会の始まり、当然お約束の二次会もこなしましたが
翌日の「朝一」を、考慮して10時には就寝。
朝一は、まだ潮が有るのでまあまあでしたが
これからロータイドに向かうに連れ、コンディションが下降気味になってしまうのは
何日か滞在していて学んで
いたので
我が家は、鎌倉のリーフブレークを
視野に入れながら、思い切って帰る事に
その旨をメンバーに伝えると、皆さんも賛同。
はぐれない様に、アンテナにリボンを付けて(冗談です)8台の車列がスタート。
それぞれガソリンスタンドや、お土産屋に寄ったりしながら
最終的には、ほぼ同時刻にこちらへ到着。
dsc08369
中には湘南初デビューの方も
左端がこの度
「木曜海」に
新加入した831君こと248君。
(野菜君こと西谷君)早く入会金50万振り込んで!

 

 

 

shapeimage_66

旅の締めくくりは「七里ヶ浜正面」お陰様で、20数年「ブルワーサーフボード」を取り扱わせて頂いている関係で、鎌倉方面には知人が多く「アレ~どうしたの!?」「千倉の方ダメなの?」的な質問攻めに「カクカクシカジカ」と説明に追われながらも、何本か良い波をゲット出来、我ながら良い判断だったと、自己満足してお先に失礼。今回も楽しい夏休み&合宿でした!

 

 

 

 

2016 SC ツアー in Bali

シンプルにサーフィンをする事だけを、目的に旅をするなら
今回訪れたこの地は、正にそれにふさわしいディストネーションと言えるだろう・・・。目が覚めたら徒歩30秒のビーチで、こんな波を見ながら歯を磨き
バナナの一本も、軽く口にしてからパドルアウト。ちなみに6時に夜が空けて、一時間経過しても「Nobody in the sea」(合ってんのかなあ・・・)
日本では、いやバリの他のポイントでも考えられない事。それこそ、初日から二日目位迄は「混む前に、風が吹く前に」と、先を急いでしまいましたが
空いている理由は簡単、ここでサーフィンしているのは
この辺りのコテージやホテルに、滞在している方がほとんどでたまにクタ方面からの
ツーリストが2~3組いる程度で、海で逢うのはほぼ毎日同じメンツ。
人の事は言えませんが、みなさんお歳をめした方が多く、とにかく大人の振る舞いでフレンドリー。なので、私達もそのリズムを崩さぬ様に気を付け
「自分の所へ来た波だけに乗る」の繰り返し。
そんな楽園は、大切にしたいと思うので、ここがどこかはあえて伏せさせて頂きます。
まあバリ通の皆さんなら、ご存知かと思いますが・・・。
初めてバリに来た1980年来バリの虜になり、幾たびと訪れましたが
その「楽園」はカタチを変え、ついに私の中で「もうバリはいいや・・・」と
その後、スマトラ半島の最北端に始まり「楽園」を求めて各地を彷徨い続け
一時期は「ロンボク島」に、毎冬身を寄せていましたが、そこへも開発と人の波が押し寄せてしまい結局は再びバリへ、ここもこの先どうなるのか分かりませんが
取りあえず今は、お気に入りのディストネーションのひとつです。

今回の旅のメンバーは私を入れて7名。大学生チームとオジさん達。
自分に置き換えると、親父より年上の人と旅は勿論酒も飲んだ事も無いので
まったく分からないけど彼らに、俺達はどう映っていたのだろうか・・・。

dsc_0722-leveled

 

 

 

shapeimage_28

 バリ最後の晩餐。
サーフィンしてメシ食って、又サーフィンして、ビンタン飲んでメシ食って寝ての繰り返しだけの旅を、コンプリートした若者達。こんなんで、良かったら又行こうぜ!

             

 

さてさて、次は何処へ行こうかな・・・。

shapeimage_18

SCバリツアー2015

2015年3月1日(日)掲載

昨年の「20周年記念ツアー」でも、12名しか参加しなかったのに

特に何の告知もしませんでしたが、10名もの参加を頂きました。

実は店を始めた頃から、この閑散期に海外へトリップに行くのが、恒例となっていましたが

当時と言えば、私もまだ今よりは若くて元気だったので

トリップに行っても周りに目もくれずに、連日サーフィンに明け暮れていたせいか

年々メンバーが減って行き、ていうかと二度と行かなくなる方がほとんど

私も馬鹿じゃないので、理由は薄々分かってはいましたが

「俺に、付いてこれないやつはいらない」的に、イキガっていたので

しまいには「カミさん」と、二人だけに(この頃は妻はまだサーフィンをしてない)

それでも二人で、あちこち旅を続け5年程したら、当時を知らないお客さん達から

「良いですね~僕も女房と一緒に連れてって下さい!」とか

「新婚旅行でバリに行くので、ロンボク島で合流しましょう」なんて声で、またツアー復活。

ただ残念な事にそのカップル達は、数年後には二組共離婚したみたい。

でもそれは、私のせいじゃないので悪しからず・・・。

そんな紆余曲折を経て、数年前から又またツアー再開。

まあ今のところ、リピーターが多いので取りあえずは「嫌われてはいない様です」

ていうか、正直みなさん凄過ぎます。

「朝は早いし」「海からは上がって来ないし」「夜はずっと飲んでるし」私は付いて行くのがやっとです。

歳を重ね学んだ事の一つに「人にはみな自分のペースが有り、それを尊重しながらの団体生活」

それには、移動の無いビーチフロントにステイしての、トリップが一番!

本気で波を当てに、あちこちモバイルするなら、せいぜい2~3人がベストですが

今の自分には、このスタイルがストレスフリーで、サーフィンに集中出来ます。

(アッ、でも観光もしたい。なんて思っている人も居るのかな・・・。)

ラ・ウニオン下見ツアー

下見トリップから帰国して三日目ですが、食指をそそる様な波は未だ立たず旅で増えた脂肪を消費出来ていません。

毎食、毎食ガイド「チューさん」のベストチョイスによりしこたま美味しい料理を頂いたせいで、同行メンバーみなウエイトオーバーの様です。

で、来年の「皆様と行く20周年記念海外サーフツアー」はフィリピン「ラ・ウニオン」に決定します。日程は2月10日〜16日かその翌週で4泊6日。費用は今回はガイド料込みで10万円でしたが、来年は直行便、ホテルのグレードUPを予定していますので、若干の変動はあります。滞在費は毎食、外食して飲んでも2万で充分、あとは個人差有り。

詳細はこれからつめますので、まずはパスポート(半年以上有効期限が必要)旅費はカードも使えるし、今から貯めても良いし、肝心なのは仕事の調整かと。それとアフターサーフィン後の、連日連夜のパーティーに耐えられる強靭な肝臓かな・・・。

取り急ぎ仲良く一枚ずつUPしときます。

サマール島

「サマール島」のサーフトリップから、昨夜無事帰国(多少の打ち身や擦り&切り傷は有るが)

今回の旅は、ブルーワーのチームメイトでもある、現地ガイドChuさん事「高橋健」プロを訪ねて女子プロサーファーが企画し、それに私が「当店の20周年の記念海外トリップ」の下見も兼ねて便乗したカタチ。

しかし「女子会」に一人で乗り込む程、若くは無いので「ミック」事、仲尾氏に白羽の矢を立てたところ快諾。彼とは何度か海外経験があるし、人見知りしない性格は、初対面の女子達ともうまくやれるだろう。ていうか出発の二週間前に誘って、そうそう行ける自由人は居ないので彼しか思い浮かばなかった、というのがホントのところ。

そんなミックも流石に、2012年ロンググラチャンの植村未来プロ(ちなみにショートもプロ)や和田純子プロ(2012年大洗3位)そして(2012年マーボロイヤル4位)「かずね〜」事、内田一音プロ達を前にして珍しくやや緊張気味なので、私の「まずは名刺代わりのオフザリップでしょ」のアドバイスに「いや、まずは乾杯で」と返す・・・。

まあ取り急ぎ、皆さんの一番興味がある波の様子(解説無し)街並や食、酒等の詳細は、これから編集するDVDの方で御覧下さい!

(グーフィーフッター)ショート&ロング植村未来、ロング内田一音、920。

(ナチュラルフッター)ショート和田純子、ロングChuさん、ミック。

自分に取ってはなんと6年振りの、海外サーフトリップ。それまでは、ほぼ毎年恒例行事の様に南の島を中心に・・・。不況、犬の世話、理由を挙げればキリが無いけど一番はジャングル系のトリップに、体力の衰えと共に気力が失せた事かな・・・

まあ54歳の私を筆頭に、未来ちゃんが28歳(そうそうお父さんは49歳でミックと同い年だって!?)と年齢は勿論の事、性別、国籍まで違う初対面通しが、こんな素晴らしい旅が出来るのも「サーフィン」と言う「共通言語」のおかげ、またジャングル系に気持ちが再燃。よって「皆様と行く20周年記念海外サーフツアー」はほぼフィリピンに決定。まだ一年以上有るので、リーフでの怪我をしない巻かれ方を、一緒に勉強しましょう!その前に、オーバーヘッドの波に乗れないとですね・・・。

ページトップへ戻る