お土産

先程、全日本会場の田原市から深夜帰宅した青山君が、元気な姿を見せに来てくれまし
た。
夜通し運転して来て、ゆっくりしているのかと思いきや
もう次のコンテストに向けて、練習して来たそうです・・・。昨日セミファイナル進出迄は、お伝えしましたが残念ながらそこで敗退、二連覇ならずでしたが
負けからも様々な事を学んだ様です・・・。
私が、サーフィンを始めた頃は、30代の先輩方のライディングを
「カッコ良いなあ、俺も30過ぎてもサーフィンしていたい・・・。」等と、羨望のまなざしで眺めていましたが
あれから40年の歳月を経て、ついに2020年にはオリンピック種目に加わるほど
メジャースポーツになった様です。
で、その全日本選手権というのは、文字通り北海道から沖縄迄各地の支部予選を
勝ち抜いた人のみが出場出来る、国内最大のコンテスト。
年齢層も幅広くて、最年少の小学生世代からすれば、お父さんを通り越して祖父の世代迄。最近では、50代でサーフィンをしているのは珍しくも何とも無く
極々普通の事になりましたが、コンペシーンでもその世代のレベルが高く熱いですねえ・・・。
私も50代最後の来夏に向けて、夢にチャレンジすべく決意も新たに!

| カテゴリー: サーフィン

New Board

先程、こちらのボードを初乗りして来ました。
オジさんになって衰えたパドル力を、補う為の一本。
ちょっとサイズが有り、ファーストブレークが速目の波でしたがshapeimage_40
良いポジションからテイクオフが出来てターンの伸びも抜群でした。
イメージ通りの仕上がりで
海外での活躍も、間違い無し!

 

| カテゴリー: サーフィン

New Boardの話

今朝は、真剣にサーフィンをしている人向けに、真面目な話を少々。
サーフショップを生業として20数年が経ちますがやっぱり一番嬉しいのが、お客さんがオーダーしたボードの調子が良くて乗り手は変わっていないのに、別人の様に素晴らしいパフォーマンスをする事。上の「粕谷」君ですが、183cmと身長が高い事から(体重は72kg)今迄は6`0~6`1に乗っていましたが、今回は思い切って「5`9」をオーダー。
以前「OGAMAさん」の、サーフクリニックを受けた時にもオガマさんから「自分でシェープしておいて言うのも何なんだけど、今はもっとアウトラインや厚みロッカーが、更に改良されているので、もっと良いサーフィンが出来るから」と、ニューボードを作る事を勧められていましたが、以外と革新的な事に踏み切るのが、苦手な性格の様でして
すぐにオーダーには踏み切れずにいましたが
昨年の全日本マスターチャンプの「2016モデル」の左をshapeimage_47_1
乗せてもらった時に
手応えを感じた様で、満を持して全く同じスペックでオーダー。
昨年青山君を優勝に導いたボードも、彼にとっては「マジックボード」でしたので
次のオーダも「全く同じモノ」を、と言うリクエストに成りがちですが
そこはオガマ教授とのミーティングにより、更に進化したモデルになった様です。
ちなみに「良く動く」と言う表現をする方がいますが、ターンもしてないのに動いてしまうのは、ペラペラなノーズがただ左右に振れているだけで「左右のレールの反発」を
ちゃんと使ったターンは出来ていません・・・。
ちなみにこのモデルは、センターの厚みは6cmで、ノーズも厚めでワイドですので

「ちゃんとしたターン」の出来ない方には「動きません」ので・・・。
粕谷君曰く「もっと早く作っていれば良かった」そうです・・・。

shapeimage_38

| カテゴリー: サーフィン
ページトップへ戻る